不労所得、年収1億円の壁~突撃ウォール街!

実際に億を稼いだ生のトレード日記を無料で差し上げます

雑誌に掲載されました。未経験者でも明日から脱サラできる世界。それがFX…

今回ウォール街に来た目的

年収1億円の壁

私が現在FXで稼いでいる金額はトレード履歴をご覧頂ければ分かる通り『1億円/年』に達していません。

しかもここから20%は税金で持っていかれるので、手元に残るお金は毎年数千万円程度…

前澤さんの足元にも及びません。

話を戻すと…FXで稼げる額に上限がある理由はロットサイズにあります。

1000万通貨を超えてくると注文が入り辛くなるためです。

何故なら1000万通貨ともなるとブローカー(証券会社)が自社でカバーするのが難しくなり、インターバンク市場に注文を流すようになるため。

そしてインターバンク、つまり市中銀行にはその注文を受ける義務が無い。

この取引成立のメカニズムは株や先物と同じで…

例えば株式市場(東証など)でソフトバンク10万株の買い注文(指値)を出したとしても、同じ取引所(東証なら東証、大証なら大証)に希望する金額で10万株以上の売り注文が出ていなければ取引が成立しませんよね。

成行注文なら成立するかも知れませんが、不利な値段(希望よりも高い値段)で買うことになってしまう。

インターバンク市場も同じこと。

インターバンク市場とは


インターバンク市場とは金融機関だけが参加できる市場で、そこに例えば

『ドル円1000万通貨を指値100円でロング』

って注文が流れたとします。

そのとき市場に『100円で1000万通貨のショート』という注文が存在しなければ成立しないのです(500万通貨ショートが2つとかでもOK)。

そして成立しない場合、成立するための注文が集まるまで待つことになる。

その待ち時間がタイムアウトした結果が、みんなが大騒ぎする

「約定拒否された!」

ってやつ(笑)

特に許容スリッページをキツ目に設定していると頻繁に起こります。

ってことで、私のように個人トレーダーがFXで稼ぐ金額には限界があるのです。

この個人トレーダーの限界である『年1億円の壁』を突き破るためウォール街まで足を運んだ次第であります。


みなさんもFXである程度まとまったお金を稼いだらウォール街で一勝負してみましょう!



実際に億を稼いだ生のトレード日記を無料で差し上げます

雑誌に掲載されました。未経験者でも明日から脱サラできる世界。それがFX…