トレードは人生の縮図だ

LINEで送る
Pocket

とは、良く言ったものだ。
ある程度トレードを経験して洗礼を受けた人ならその意味が受け入れやすいと思うが、それにしても面白いほど実生活(仕事含む)での出来事が、悉くトレードの世界に当てはまる。
とあるシステム開発の設計フェーズでのこと・・・
・何かが違う完璧主義者
 「ある程度骨子が出来たら一度客先とレビューした方がいいのではないか?」と提案。
理由は、方向性を確認してから進めた方が効率が良いし、そもそも根本から客の思惑と違っていたら、全てやり直しになり無駄になってしまうからだ。
「いえ、私は完璧に仕上げてからレビューする主義なんで(・∀・)」
と言うことで、頑なに拒否。そう言う主義があると言うのは始めて知ったが、どれだけ完璧なものが出てくるか楽しみにしてみた(皮肉だがにひひ) 英語も完璧にしゃべろうとするあまり、いつまで経ってもネイティブと話が出来ないヤツがいるが、それに似ている。
・変化を嫌うヤツ1
 「設計書が文字だらけで理解しづらいため、世界共通言語である「図」を少し挿入したらどうか?」と提案。システムの流れなどはフローチャートなどで説明すれば、海外に流用する時も訳す手間が省けるし、翻訳によるニュアンスの差異を避けることができる。
「今までもこのやり方でやってきたし、今回はこれでいきます(・∀・)」
と、どこにも理由が見当たらない不思議な理由で頑なに拒否。
ま、俺のタスクじゃないし、後で苦労するのは自分だから・・・と思い、それ以上何も言わなかった。
でも、結局いつもアホの尻拭いすることになるんだよな~頼むからアホは黙って言うことを聞いて欲しい・・・
・変化を嫌うヤツ2
 「このモジュールなんですけど、似たようなのがたくさんありますよね。共通化した方が、開発も保守も楽だしテスト工数も削減できるし、障害発生率も減るし、メモリも節約できるし、流用する時楽だし、引き継ぎも簡単になりますよ。」
「もう書いちゃったんで、今回はこのままでいきます(・∀・)」
単に消せばいいだけじゃんか!意味不明!ガーン 設計書のページを稼ぎたかったのだろうか?
もうやっちゃったから、今までの投資が勿体無いから・・・と、いつも過去を基点に物事を考えるヤツがいるが、成功した試しがない。こう言うのが経営に関わると、会社は倒産する。
・新しい技術、人に言われたことを取り入れるのが嫌いなヤツ
 「○○さん、いちいち手でやるより、ツール使うかマクロ組んだ方が早くないですか?目と手だけだと、絶対漏れたりミスしたりしますよ。時間もかかりますし。」
「いえ、私はこのやり方が好きなんです」
「いや、好きとか嫌いじゃなくて仕事だから・・・(;´・ω・) つ~か、やる前に言ったら素直に言うこと聞いたのかよ(^^;」と思ったが、人に言われたことを素直に実行するのが嫌いな性格なのはうすうす気づいていたのでそれ以上何も言わなかった。
実は、上記の「ヤツ」は、以前の職場で同じセクションにいた香具師で、全て同一人物です。
で、その設計書の客先レビューに一緒に参加してきた。で、そのキャツが
「それではよろしくお願いします(・∀・)」
と言うや否や、客は設計書をパラパラっとめくり
「いや、こう言うのじゃなくてさぁ~、こう言う風に書いてよ。それと、粒度なんだけど~(以下略)」
結局、中身までは全て見てもらえず、目次から全部書き直し叫び
通常、客は設計の細かい部分なんか興味ない。それよりも、大枠で方向性が間違っていないかが知りたいのだ。それを文字ばかりで、しかもあとでどうとでも調整できることをズラズラと・・・
口には出して言わなかったが「それ見たことか!」と思ったのは言うまでもないにひひ
彼の丸々2週間の作業は全て水泡に帰した。
(素直に俺の言うことを聞いていれば、客先で恥をかかず、2週間のコスト削減+早目の納品+高評価が得られたわけだ)
ま、こんなバ○でも給料もらえるんだから、トレーダーに比べたらサラリーマンなんてちょろい商売ですね。
LINEで送る
Pocket