不思議だ…なんでアホなヤツほど難しく考えたがるんだ…アホなのに…

LINEで送る
Pocket

FXで勝つ方法は非常に簡単。誰もが知っている。
安く買って高く売る。またはその逆。

そして、バックテストしてみると分かるが、ランダムにエントリーしてランダムにエグジットを数千回以上繰り返すと、大体プラマイゼロになる。大きく負けることはない。せいぜいスプレッドコスト程度。

そして、為替は通貨の交換なので、金利を考えなければゼロサム。
つまり、儲かった人の総額と損した人の総額を足すとゼロ。
プロスペクト理論だとか様々な理屈もあるが、ゼロサムである以上、勝者と敗者の数は近くなる筈なのだ。

なんせ、サイコロを転がしただけでもトントンなのだから。
恐らく、マーケット参加者全員がサイコロで売買すればそうなるであろう。
サイコロを転がしただけでもそうそう負けないのに、一生懸命考えて負ける。
これだけを考えたら、よっぽど向いてないか、わざと負けているのかって感じますよね。

しかし現実には1~2割のニンゲンが親の総取りのように多数の敗者から巻き上げている。

その1~2割のニンゲンに共通していることを探し、盗み、実践できるようになれば、あなたも勝ち組になれる。

しかし、以下の人には向いていないので、コツコツ働くべし。

・極端に数字に弱い、または学力が低い(学歴ではない。IQが高ければ可)
・努力が面倒くさい、何でもすぐサボる癖がある
・結論だけ教えてくれよ!ばかりで、本質を理解しようとしない。
・聖杯ばかり追い求める
・時間がないなどの言い訳が多い
・相場に対し謙虚ではない(ちょっと儲かると調子に乗ったり驕ったり、一喜一憂する)
・ポジションを持つと気になって、仕事中にコソコソチェックしたり、興奮して眠れなくなったりする(小心者)

まぁ、大抵の人が楽して儲けようと思って始めたFXが、思ったほど楽じゃなくて撤退していくでしょう。
ここがひとつの壁ですね。
私も色々な壁にぶち当たってきました。そしてこれからも色々あるでしょう。

しかし、それらは会社で仕事を遂行していくのに似ていました。
FXもお金を稼ぐのですから、『仕事だ』と言うプロ意識で望むと、成功するかもしれません。

ローマは一日にして成らず
LINEで送る
Pocket