問題解決能力

LINEで送る
Pocket

トレード・・・に限らず、ビジネスでは問題解決能力って大事ですよね。 特に近年、力仕事や単純作業は機械やコンピュータがやってくれるようになったため、それらには出来ない仕事がより求められるようになっている。 その機械もコンピュータを組み込む事で、非常に緻密な作業も可能になってきた。 スピルバーグのAIと言う映画で、職を失った、または失うことを恐れた人間がアンドロイドを虐殺するショーを開催しているシーンがあるが、実はもう始まっているのかもしれない。 「結局トレードも問題解決能力があるかどうかだな」と強く思い始めた。 ここで言っているのは、使用しているトレード手法とか資金管理手法に内在する問題をどうこうすると言う聖杯探しではなく、 「含み損=問題」 で、 「それを利益に変える技術=問題解決能力」 のことです。 パラメータが少なければ、推測される各事象に対して自動で解決するような命令セットをコンピュータに組込むことが出来ますが、トレードの値動きは元を辿れば複雑系なので現代の理論では解決不可能。 ノーベル賞を取った学者が集まって、うんざりするぐらい大量のパラメータと高度な計算を駆使して開発されたモデルも実際に運用させればたった数年で破綻。
LINEで送る
Pocket