お金のある人生がこんなにも素晴らしいとは思わなかった。

お金は価値を一時的に保存するシステムに過ぎない

お金を否定しながら宝くじを買う民族

日本人だけかどうか分からないが、金持ちを妬むヤツは多い。

  • 必要以上の金儲けは悪いことだ。
  • 金持ちは何か悪いことしてる。
って言っている割に、自分も金持ちになりたいと思って宝くじを買う

ちなみに宝くじの期待値は世界中にあるどんなギャンブルよりも低い。

圧倒的に低い。

まだ競馬パチンコの方がマシ。

それどころか、天下り法人に貢ぐだけ。

だからスマートなやつは、宝くじなんか買わない。

当然私も、今までの人生で宝くじだけはやったことがない。

国民性

アメリカでは金持ちは英雄だ。

中国では金持ちは「トウヤッテ カネ カセイタカ?」と質問攻めに合う。

だが日本では「あの人、なんか悪いことやってるんじゃないの(--?」と陰口を叩かれる。

同じルーツを持つ地球上の人類の間で、どこでこう言う差異が出来るんでしょうねぇ。

個人単位で見ると人それぞれで上記のような分類分けは難しいが、国民性と言う枠で見ると明らかに分類できるのも不思議だ。

お金に関してだけじゃない。

職場に美人で英語が喋れてスタイルも良くて…なんて人がいると、「いいわねー天に二物を与えられて」なんて妬まれる。

成功者を否定するクセに羨ましがるザコ

負け組の共通点

彼ら、彼女らに共通していることは、
  • 成功している人たちが人知れず努力していることを知らない。
  • 楽して成功していると思っているから羨ましい。
  • 成功者を妬ましく思うが、取り立てて努力しているわけではない。
  • 負け組と言う人種は、とにかく努力がキライ
  • 実は一番楽しているのは自分だと言うことに気付いていない。
  • 何もしてないのに成功するわけがない。
  • TVや新聞で政治や企業に対し不平不満を言うに留まり、「自分を変える」と言う選択肢が無い
  • 社会のシステムが自分に都合の良いようになることを「祈っているだけ」で、自ら何かすることはしない。

なるべくしてなる

成功する人は成功するべくして成功している。

美人だって努力している。

美人は生まれつきじゃない。

実際、学生の頃は可愛かったのに、大人になったら…って人は沢山いる。

逆に、学生の頃はパッとしなかったのに、こんなに可愛くなるなんて…って人も。

どんな美人だって、生活習慣が乱れたり不摂生すれば直ぐブスになる。

努力しない考えない工夫しない

成功しない人は
  • 最初から何もしていない
  • 自分に達成できないことを誰かが達成しているのが面白くない
  • 成功者を認めたくないから自分を正当化する or 成功者を否定する
ほら、昔から言うじゃないですか。

負け組の遠吠えって(あれ、なんか違う?)