お金持ちになる3つの条件 考え方をちょっと変えるだけで誰でもお金持ちになれる

お金博士のトレード日記を無料で差し上げます

雑誌に掲載されました。未経験者でも明日から脱サラできる世界。それがFX…

お金持ちになる3つの条件

大前提

今回のテーマはお金持ち研究の第一人者による論文から抜粋した物です。

その論文によると、お金持ちになるための性格・特徴には3つあることが分かりました。

と、その前に…この3つの性格を支える土台、つまり大前提となる性格があるので先にご紹介しておきます。

それは「誠実性」です。

ここで言う誠実性とは、物事をコツコツやったり、1つのことに熱中したりする性格のことです。

これが高い人は成功し易いと言うことが別の研究で証明されています。

これからお話しする3つの性格・特徴についても、この「誠実性」があって初めて本領を発揮すると言うことです。


お金持ちになる資質

「出世するには誠実性が大事」と言うことは他の研究で分かった。

じゃあもっと焦点を絞って、と言うよりもっと直接的に…つまり…

ぶっちゃけ金持ちになり易い人ってどんな性格?

と言うのを調べましたと。

その調査で分かったことの中で我々が真似したり参考にしたり出来る部分があればラッキーと言うことです。

1つ目の特徴

お金に対して持っているイメージ

特徴の1つ目は「お金に対する考え方」

これがまず大きく違うと。お金持ちとそうじゃない人の間で。

例えば日本人で多いのが「金銭忌避」と言う考え方。

あなたの周りにも居ませんか?「お金は汚い」とか「お金が全て」みたいなことを言う人。

こんな感じで、お金に対してどのような感情を持っている人が一番お金を稼いでいたのか?を調べました。

で、見つかりました。成功者に共通する…

お金って言うのはこう言うもんだよ

と言う特定の考え方が。

逆に「お金は汚い」って思ってる人は平均よりお金を稼げていないと言うことも分かりました。


お金は〇〇って考えてる人はお金持ち

余り勿体ぶってもしょうがないので結論を言います。

成功者がお金に対して思っていること。それは…

お金=自由

です。

お金とは自由を手に入れるための物・手段であると。

つまり「お金を稼げば自由になれる」と考える人たちは、そうじゃない人に比べてお金をより多く稼いでいたことが今回の調査で分かったんです。

お金を「権威」とか「自分が偉くなった象徴」みたいに考えてる人は権威を振りかざすため、見せびらかすためにお金を沢山使ってしまい、結果お金が貯まらない体質になっていたんです。


ショッピングに行って何も買わずに帰ってくるような人

あとは守銭奴、いわゆる「ケチな人」ですね。

なんとなく将来に不安を感じていてるから怖くてお金が使えない人。

日本人に多い、貯金が美徳だと考えている人。

これは高度経済成長期に植え付けられた概念なんですが、未だに根強く残っていますね。

お小遣いやお年玉を貰った小学生が「貯金」って答えるのなんて日本だけでしょう(笑)

そう言う人が成長すると「貯金が趣味です!」みたいな大人になると。


死に銭

使うために稼ぐのではなく、貯めるために稼ぐ。

これって労働の対価を受け取ってないのと同じですよね。お金は墓場まで持って行けませんし。

当然、これらのタイプの中にもお金持ちは居ませんでした。

そりゃそうですよね。そう言う人は全てのチャンスをスルーしますから。

全てに対してケチりまくるため、千載一遇の投資チャンスすらスルーします。

あと、ケチな人は時間を無駄に使っている傾向にあります。

例えば1000円ケチるため2時間並んだり。

時給500円以上の人はやる意味ないですよね。そう言う計算ができない人のこと。

2つ目の特徴

資格を取ってもお金持ちにはなれない

2つ目は教育レベル。

「物事を論理立てて考える能力」を身に着けているかどうか。

「金融に関する勉強、お金に関する勉強をちゃんとしているかどうか」は、やはり収入に直結しやすいですよね。

自己啓発のセミナーへ行ったり資格を取ることに時間を割くぐらいなら、お金の勉強した方が早く多く稼げるようになります

自己啓発や資格がお金目的じゃないって言うなら止めませんけど。


遅れている日本だからこそチャンス

日本ってお金の教育が遅れている…と言うより、そもそも義務教育の中に無いですよね。

だからお金で苦労している人が多いんじゃないかなと。

逆に言えば、お金の勉強をちゃんとしていれば日本で成功するのは簡単ってこと。

みんなこのままお金の勉強しないで居てくれると助かります(笑)

3つ目の特徴

問題を探す矢印の方向

3つ目は自分のせいにするかどうか。

悪いことが起きたとき、なんでも他人や環境のせいにする人っていますよね。

あいつのせいだ。経営者のせいだ。社会が悪い、政治家が悪い…

原因を常に自分の外へ探しに行く人。

こんな人は言うまでもなく成功しません。お金持ちになんて到底無理。

何故なら「自分を変える」ことをしないため、成長も無いからです。


謙虚過ぎてもダメ

成功したときは他人のお陰、失敗したときは自分のせい…って言う人。

謙虚な感じで良さそうに見えますけど、これは自信がない人の特徴です。

成功するためには「全て自分のせい(おかげ)」って考えるのが基本です。

自分の選択と行動が正しかったんだと。

運のいい出来事が起こったとしても、「日頃の行いが運を引き寄せた」「積み重ねた結果が出始めたんだ」のように捉えると。


金持ちは自分を疑う

また、どう考えても「他人のせい」で上手く行かなかったこともあると思います。

「俺にはどうしようもなかったんだけど…」って言うこと、ありますよね。

そう言う場合でも、成功者たちは「あいつに任せた俺の采配ミスでは?」とか、「事前に予測できなかった俺にも問題があって、それが分かってれば何かしらの対策を打てたんじゃないか?」のように考えます。

要は「100%他人や環境のせいってことはないよね?」と。

こう考える人は強いです。

何故なら「自分のせいにする」人は、自分で物事をコントロールする感覚を養うことになるからです。


意味のあることしかやらない

つまり、お金持ちと言う人種は問題に直面したりお金を稼ぎたいと思ったとき…

「自分が頑張れば問題解決できる!」

「自分のビジネスや生活を工夫すればもっとお金が稼げる!」

のように意識を自分に向けて、つまりコントロール可能な部分だけに全エネルギーを集中して考える事をするんです。

つまり「無駄がない」。

ここが貧乏人と大きく違うところ。貧乏人は制御不可能な部分で頭を悩ませたりするから先に進めない。


何をどうすればいいのかがクリアな状態

この【コントロール感(自分で制御できることと出来ないことが明確になっている状態)】って言うのは凄く重要。

これが増えれば増えるほど人間は幸せになるし、人生の満足度が上がるってことも分かっています。

なんとなく分かりますよね?悩んでもしょうがないことで悩まなくなるんですからメンタルも当然楽になりますから。

また、コントロールするためには「自分でコントロール出来る」って思う必要があります。

例えば「天気」を自分でコントロールしようとは思わないですよね。

それは「自分でコントロール出来る」って思ってないから。


まとめ

と言うことで3つ目のポイントを纏めると…

  • 何が起きても自分のせいだと思う
  • 制御可否を見極める
  • 制御可能な部分だけにエネルギーを注ぐ
って言うのがお金持ち3つ目の共通点。

更に3つの特徴全てを纏めると、

誠実性を土台にお金の勉強をし、自由を得るためにお金を稼ごうとし、コントロール可能な事だけに注力し、成功しても問題が起きてもそれは全て自分にも原因があると考え改善し続ける…

とお金持ちになりやすい。

お金博士のトレード日記を無料で差し上げます

雑誌に掲載されました。未経験者でも明日から脱サラできる世界。それがFX…