金持ち父さん貧乏父さん

ロバートキヨサキ

今さら説明の必要も無いが…

言わずと知れた本。

カネ儲けの具体的な手法も書いてあるが、どちらかと言うとメンタルや自己啓発の本に分類されます。

日常生活で疑問に思ったり頭を使ったりすることが大事だよと。

みんなお金を稼ぐために働き、それが当たり前で、それしかないと思って思考停止している。

成功したければ、そこで思考停止してはダメだよと。

作り方は知ってるけど売り方を知らないからバカを見る

働いて稼ぐことが美徳だと思っている日本人は資本家・投資家のカモになるだけ。

だからいつも日本株が外国人のおもちゃにされている。

日本人は未だに「良い物を作れば売れる」と思っている職人気質ばかりだからね。

欧米では幼少期から投資やマーケティングについて教育される。

金融リテラシーが低くていいモノを作ってくれる日本企業が絶好のカモになるわけだ。