FXは若いうちに始めよ!年取ってから始めても勝てない理由6つ

FXは若いうちに始めるべき理由

年を取ってから始めても勝てないワケ

投資未経験者が退職金で始めても勝てない理由。

頭が固い

【常識】で脳が凝り固まってしまい、斬新なアイデアが浮かばない。

自分の間違いを認めない

だから損切り出来ない。損失が膨らんでも…

そんな筈はない!
ちゃんと調べたんだ!
現にアナリストが!
ニュースでも!

…のように、死ぬまで正当化し続ける。

すぐ頭に血が上る

年を取ると生活が単調になり、想定外のことに遭遇する頻度が極端に減少します。そのため、想定外のことに対する免疫力も低下します。

詳しくは「暴走老人!」と言う本に書かれています。

トレードは常に想定外の連続です。そしてストレスに耐えきれず、カーっとなって「暴走」し、ムチャな取引をして終了~。

なんでも楽しようとする

年を取ると要領が良くなり、なんとか楽をしようとします。

マニュアルを読まなくなったあなた!危険信号です!

普段楽ばかりしていると、いざと言うとき脳が働かなくなります。

先入観が強い

年を取ると、表面を撫でただけで

「あ~わかったわかった。こう言うことでしょ?」

と、わかったつもりになる。

「聞かなくてもわかるよ」と、相手に話をさせない年配者は多い。

簡単に勝てると思っている

何故かFXの時だけは、自分を凡人だと思わない。

人生経験が多いためか変な自信があり、自分だけは大丈夫だと思う。


結論

だから投資やトレードは頭がやわらかいうちに始めるべきなのです。

年取ってからでは手遅れです。今すぐ行動しましょう。

高齢者のたくわえを狙う業者

まさかゴールドの積み立てとかやってないですよね?

さて、今回の話題は退職金の運用について。

昔はよく、「退職金で株をやって老後を豊かに…」なんてのが流行っていたが、今はFXや仮想通貨なんだろうか?

しかし、長い間お疲れ様の退職金。もっと大事にした方がいい。

何故なら、成功した話よりも途方に暮れた話の方が圧倒的に多いからだ。


勝ったときだけ報告したい

え?成功した話は表に出てこないだけだって?

そうでしょうか?

FXでも株でも、成功したら周囲に言いふらしたり自慢のブログを書いたりしますよね?

雑誌に載ったり本を書いたりする人まで出てくる。


無かったことにしよう

そんな中、投資で撃沈した人にブログを始めるモチベーションがありますでしょうか?

雑誌に載って恥をさらしたいと思いますでしょうか?

もう投資の話はしたくない。忘れたい。無かったことにしたい…

と言うのが本音でしょう。

イヤなことを思い出してまでブログで失敗談を書いたり、取材を受けるのはそれなりの理由があるってことです。

要するにおカネw


私の周りにパチンカーはいませんが…

身近な例だとパチンコ。あなたの周りにもいませんか?

「勝ったときだけ」言いふらす人。負けた時は黙ってる人(笑)

つまり、普通に考えれば「勝ったときの話」の方が大袈裟に漏れなく発信されるはずなんです。

負けた時は黙ってる人の方が多い。

にも関わらず、「退職金で投資を始めた人の成功話」が滅多に出回らず、「失って老後に不安を抱えた」と言う話が蔓延している。


不都合な真実は抹消するか捏造すればいい

証券業界は高齢者が溜め込んだ貯金で投資をして欲しくて欲しくてしょうがない。

世の中には「退職金で株や投資信託をして豊かになった人がたくさんいます!」みたいな風潮になって欲しい。

だから「幸せそうな表情をした高齢者」が表紙になったパンフレットとかで広告を打ちまくっている。

そんな証券業界にとって、「退職金で投資を始めたら全てを失った」なんて言う話は出回って欲しくない。

出来る事ならそう言う記事は削除したい。

そう言う話は載せないよう出版社に根回ししたり、ブログ記事を削除してもらうよう要請したり。

捏造された成功者を雑誌に載せて貰うことだってやろうと思えば出来る。

全てはカネ次第だが。