実生活とトレード

LINEで送る
Pocket

実生活でチャンスをものにする方法とトレードで利益を上げることはとても似ている。
わからない人にはわからないが・・・(あれ、そのまんまか)
昔々の話。
非常に昔の話。
もちろん奥さんと知り合うよりももっと前の話。
ある女性2名とあるきっかけで知り合い、2対2で喫茶店に行くことになった。
話を聞くと、その女性はお金に困っていた。
お金がなくて学校に行けないと言っていた。

心の中では、「勉強好きそうにみえないけど・・・シラー」と疑問に思いながらも、ちょっと気の毒に思った。

でも、その気の毒な気持ちも一瞬で吹き飛んだ。
だって、ケーキを2つも頼むんだもん

どうせ男子が払ってくれるからってのが、見え見え。追加でパスタも頼もうとしていたが、さすがに腹いっぱいだったらしい。乞食かよ(^^; (ま、心は乞食だが)

「うわ・・・」と思いながら、「じゃ、割り勘で!」と言ったらどうなるかな~って妄想しながら、でもこう言う奴って下手に刺激すると余計面倒くさいから、素直に払ってやった。

こう言う人は、一生お金に苦労する。
何故なら、目先のことしか見えていないから。
目先のことしか見えていない人はどんな分野でも大成しない。

例えばここで謙虚に振舞って、「私は飲み物だけでいい」とか「あ、私も払います」と言えば、好感度がアップし、トータルでは得をするかもしれない。

「学校のお金、少し援助しようか?」とか。
そこまでいかなくても数百円のケーキよりは得をしていたかもしれない。

俺がカネ持ってなさそうに見えたのかもしれないし、そんなうまい話、そうそうあるもんじゃないのは事実。

宝くじに当たるような確率だが、可能性はゼロでは無い。宝くじも買わなければ当たらないのと同じように、そのチャンスを自ら潰したのだ。

たった数百円と言う目先の利益に目が眩んで。

恐らく、今後色々なチャンスが巡ってきても、彼女はそのチャンスをモノに出来ないだろう。

いやいや、相手にされなかったから僻んでるってわけじゃないっすよ。

ホントだってば~(*`ε´*)
LINEで送る
Pocket