ラルフ・ビンスの資金管理大全

LINEで送る
Pocket

いや~高い本だった。 13,440円・・・叫び ま、数十ページ程度で中身のないpdfが送られてくる情報商材より安い上に価値はあるんだが、何しろ同じタイミングで妻が2万円のブーツを我慢してミスターミニットでボロいブーツを750円で修理したところだったから肩身が狭かったシラー それにしても750円ですげぇピカピカひらめき電球になっとったゾ。ボロくなるのは見た目だけなので、2~3年で買い替えるのは勿体ない。 それにしても、ブーツって高いな。 2万円でも安い方なんだと。長靴でいいじゃないか。 俺の靴なんか、一番高くても1万しない。 夫婦揃って物欲が無いんだよな…w と言うより、無駄に高価なものを欲しがらない。見栄を張るって言う概念が無い。奥さんもブランドバッグとか欲しがらない。 なんつ~か、ブランド物を身に着けるのが逆に恥ずかしいんだよな。 成金みたいで…いや、成金だからこそ成金って思われたくないのかも。いやらしいと言うか。 運よく勝てるFX手法に出会い、たまたま数億稼いだだけで偉くもなんともないからな。 その代わり海外旅行では思いっきり贅沢する。ファーストクラス乗ったりスイートルームに泊まったり。 おっと、本の話するの忘れてぃた。 大学で確率論を取っていたが、それでもここまで突っ込んでやらなかったってぐらい様々な確率分布や分散の話が紹介され、なにゆえオプティマルfを使うべきなのかって話に入っていく。 また、その計算方法が複雑なのなんのって・・・計算だけでも大変だが、そのデータを準備したり、その計算をプログラミングしたりを考えると、ハッキリ言って・・・ 「無理!」(ノ∀`) 更に読み進めていくと、本当にそれだけの労力を掛ける価値があるか疑問が生じる。 何故なら、これが効力を発揮するのはコイン投げやルーレットのように、未来における勝率や期待値がある程度保証されているものに限るからだ。 勝率や期待値が分かっているトレード手法なんてないし、そんなものがあるならケリーの公式を使わなくてもあっと言う間に億万長者だ。 期待値が本当にプラスかどうか、勝率がバックテストと同じになるかどうかわからないから、みんな資金管理をしながらコツコツやってる。 ま、概念だけは知っておいて損は無いが、このままでは机上の空論だな。 シミュレーションでは上手くいくかもしれないが、実際に自分の口座残高がこんなに乱高下したらまず耐えられないだろう。(90%のドローダウンなど、普通にあるドクロ) なので、マーケットや手法、そして何より自分が耐えられるような資金の動きになるようアレンジする必要がある。 「自分が耐えられるような」 手法も資金管理も、結局はこれなんだよね。
LINEで送る
Pocket