貧乏人がFXで勝てない本当の理由

LINEで送る
Pocket

概ね貧乏人はマナーが悪い。又は品が無い。
何故か?
貧乏だから僻んでマナーが悪くなった・・
と言うわけではなく、やはり裕福な家庭に比べ、教育に差が出るからだ。
三つ子の魂百まで
と言う慣用句が実に言い得ている。
多くの東大生の親が高収入、又は東大出身者が多いと言う『事実』は有名だ。
東大の子供が東大なら、元ヤンの子供はヤンキーになる。

あなたもたまに見かけませんか?
まだ年端も行かない子供に下品なシャツを着させ、茶髪にし、へんな髪型にしている親。
そう言う子供が、そのまま成長すると残念な大人になる。
東大の子供が東大なら、残念な親の子供は残念になる。

あなたもたまに見かけませんか?
いい年して、公共の場で騒いでいる大人、喧嘩や言い争いをしている大人。
茶髪にしたいんだか金髪にしたいんだかいろんな色が混ざってる清潔感の無いママ。
(安いヘアカラーを自分で買ってきて何度も重ね染めしたとしか思えない、見ていて不快感さえ覚える汚い髪のママ)

それを見て、あなたは何を感じますか?
自分の親がそうだったらどう思いますか?
または、自分の親が世間からそう思われているとしたら?

私は趣味がドライブなので、よく見かけるのが貧乏走り。
貧乏走りとは良く言ったもので、あまり高級車でこれをやっている人は少ない。
運転するのはニンゲン。
生活に余裕の無い人の焦る気持ちが運転にも反映されていると言うことですね。

あなたもたまに見かけませんか?
公道で粋がってる下品な軽自動車。
→見ていて滑稽です。

中古のベンツやBMWで煽り運転をしている下品な車。
→見ていて痛々しいです。
本当は貧乏なのに見栄を張っているのがバレバレです。

車線変更が多いが、あまり早くない。
→結局、車線変更しないほうが早いです。マヌケですね。

無駄な加速が多いが、あまり早くない。
→焦っている気持ちが見えていて、笑えます。

これらの心理は、人よりもちょっとでも早く進み、ちょっとでも得したい。
と言う、まさに先日もお話した「慌てる乞食は貰いが少ない」を見事に現しています。

そんなに急いだって、どうせ渋滞や信号で追いつかれるんですから。
実は、下手に急ぐより、流れに合わせた方がトータルでは早く目的地に着くし燃費も良い。
なんで世の中ってそんなことも分からないバカがこんなにも多いのだろう。
そんなバカにも自動車を所有させたり運転免許を交付しちゃう世の中も凄い。
自動車ってのは走る凶器ですからね。そんなバカにキチンと管理できるとはとても思えないんだが…

貧乏人は物事を俯瞰的に見られない。
先を読めない。
物事をトータルで考えることが出来ない。
目先の利益ばかり。
それが運転にもあわられる。

だから俺は、運転の仕方ひとつで運転手が貧乏人かどうか見分けることが出来る。
その運転手がもし株やFXをやっていたら、負けているだろうと言う事までわかる(笑)
最後、無理やりFXに繋げました・・・
LINEで送る
Pocket