ノイズにやられて損切り貧乏な人に朗報

方向感は合っているのに、損切りに合う。 その後、バイーンと伸びやがる・・・裁量を始めた最初の頃によく経験した。 方向感は合っているのに・・・方向感は合っているのに・・・方向感は合っているのに・・・ そう言う人は、つまり相場観はそこそこ身についていると言うことなので、後はテクニカルな問題を解決すればよい。 このことを良く「ノイズにやられる」と言うが、だったらノイズを味方に付けてはどうか? 方向感は合っているのにノイズにやられる≒相場観が間違っていてもノイズで利益を得られる ひらめいた(・∀・)!と思っているのは、俺が勉強不足なだけか? おぉ!斬新だ!こりゃ教科書に載ってないだろ!?と思ったのは俺だけか?w つまり、ノイズを味方に付ければ、方向感が合っている時はもちろん高勝率で、間違っていてもそこそこの勝率で勝つことが出来る。 環境認識とテクニカル・・・どっちかが欠けると全然勝てないが、上手く組み合わせると、かなり勝率の高いトレードが出来るな。