あたま悪そうなヤツからメールが来るとワクワクする

LINEで送る
Pocket

どこで登録したのか覚えの無いメルマガにこんな記事が。
全部引用すると長いので、冗長な部分は省略しています。

—↓ここから抜粋引用&ツッコミ—
ここに、利益率の非常に高い自動売買があります。

「ほぅほぅ。何故それを赤の他人である私に?」

特徴を一言で言えば【負けても負けない自動売買】と言ったものです。

「トータルで勝つと言う屁理屈かな?」

別に何かいかさまをするのではありません。確固たる理論によって実現されています。

「まぁ、いかさまでも勝てばいいんじゃない?無理だと思うけど。」

あなたの資金を減らすものは間違いなく【負けポジション】です。

「ご丁寧にどうも。」

この負けを最小限に食い止める必要があります。

「適切なポイントで損切りすればいいんじゃないの?」

そこに【優れた手法】が必要になってくるのです。

「まぁ、それが難しいんだけど。」

普通、負けたポジションは損切りするなどして、マイナスを産みます。

「え?産まれちゃうの?まぁ、利益を得るためのコストだから、一つ一つのトレードの結果で気に病むことは無い。」

しかし、この負けポジションすらもプラスにして収束する事が出来たらどうでしょうか?

「そんなすごい手法があったら、まず自分の全財産をかけて立証し、家族や友達に教えてあげてください。メルマガなんかで広めちゃったら、その素晴らしい手法が通用しなくなりますよ。ゼロサムゲームなんで。」

勝ちポジションで利益になり負けポジションでも利益になる。こんな事が出来るなら究極の【損小利大】が実現された事になります。

「無理に全部勝つ必要は無いんじゃ?リスクとリターンは表裏一体。何か落とし穴があると考えるのが普通。」

そんなバカな事はあるわけがない!と、思ったあなたは正常です。

「よかった。正常で。」

しかし、それを実現する手法は存在します。そのカラクリは、【相殺】です。

「まさか「両建て」とか言わないでくれよ?」

ごく簡単に言えば負けポジションの出した損失を それと同等の利益で相殺するのです。

「まさか「両建て」とか言わないでくれよ??」

とても面倒臭く、難しい事のように聞こえるかもしれませんが…

「いや「両建て」しか思いつかないんだが。」

それを自動で行う自動売買があります。

「自動で行わない自動売買なんて無いがな(笑)」

—↑ここまで抜粋引用&ツッコミ—

とまぁ、冷やかしでサイトに行ってみたが、まぁ予想通りですよ。文章も頭悪そうだし。恐らく、仕事もFXも儲かってないんでしょうねぇ。

どんな手法かと言うと、要はポジションを持って、利益が出たら当たり前のように利食い。
含み損を抱えたら反対ポジションを持って、損失が拡大しないようにしておく。

で、ちょっとでも利益の出た方から利食いをしていく。
どんなに含み損が出ても耐えて耐えて耐えまくるもんだから、勝率が異常に高い。

恐らく、プロより勝率は上。

で、耐えて耐えて耐えまくって、ちょっとでも利益になれば、「きたー!」と利食い。

もう、涙の利食いですよ。
そして、どんどん塩漬けが増えて行き、そのうち身動きが取れなくなる。

小学校の都市伝説みたいな「無敵の手法」ってやつです。
「俺、100%勝てる手法知ってんだぜ?」
「え、まじ?おせーておせーて!!(わいわいがやがや)」

たまたま両方のシグナルが出て、両建てになっちゃうこともありますが、それとは性質が違う。

でもこの手法って、意外とやってる人多いんですよね。
要は、損したくないって言う心理なのでしょう。
損したくなきゃ、やらなきゃいいんですが、きっとノーリスクでリターンを得られると思ってるんでしょうね。

虫のいい話。

リスクとの向き合い方以前の問題。
LINEで送る
Pocket