チャートは言語

LINEで送る
Pocket

ラリーウィリアムズの金言の中で、「チャートを読む力を身につけるのは外国語を習得するのに似ている」と言うのがあるが、非常に上手い表現だと思う。 外国語を短期間で効率よく身につけるには、その言語の構成(つまり文法)を学び、後はひたすら多く触れ、実際に使ってみて間違えながら学んでいく・・・チャート分析にそっくりじゃないですかぁ! ・文法 値動きの習性にあたる。 窓を空けて寄り付いたら窓を埋める傾向にあるとか、NY時間に反転しやすいとか。 ・慣用句や言い回し 手法に当たる。 ブレイクアウトとかオーバーシュートなど。 値動きの習性を学び、たくさん学んだ手法の中から状況に応じて取捨選択し、実際に使っていくうち、「この状況ではこれだ!」と自然と身体が動くようになる。 外国語が習得できない人の共通点は ・言い訳が多い人 ・間違いを恐れる人 なのだが、トレードでも同じではないか? 損したのをアナリストや政治の所為にしたり、確信が持てるまでエントリー出来なかったり、確信してしまったゆえに間違いが認められず損切りが出来なくなったり。 いくら高額なセミナーに行っても上のふたつを克服しない限り絶対に勝てんよ。ちょうど海外に留学しても全然しゃべれないまま帰国する日本人と同じぐらい時間とおカネの無駄。 つ~か・・・言い訳するぐらいなら辞めちまえ!なんで、自分が英語喋れないのを年齢や記憶力のせいにしながら、高額な英会話スクールに通ったりするのか理解できん。 大体、若いときそんなに記憶力が良かったんかぃ!?何でもかんでもスラスラ記憶できてたんかい!?ほほう~、そりゃ~さぞかし楽して良い学校出たんだろうなぁ( ̄ー ̄)? それにしても、なんで日本人って海外に行ってまで日本人同士で群れるんだろうね。
LINEで送る
Pocket