インジージョーンズ~聖杯を求めて~

LINEで送る
Pocket

あ、タイトルはインディージョーンズとインジケータを組み合わせた駄洒落だから! ミスタイプじゃないから 聖杯と言うとこれが思い浮かんじゃうんだよね。世代的に。 さて、今日は聖杯がないと分かっちゃ居るが、気が付くとまた聖杯を探している諸君へ向けて記事を書きたいと思う。 インジケータは未来の値動きどころか現在の値動きすら教えてくれないことに気が付こう。 何故なら、全てのインジケータは過去のOHLCを元に計算されているため。(現在の値はredrawされる) つまり、インジケータをトリガーにエントリーしても遅い。または騙される。 どうしても使いたいならトリガーとしてではなく背景として使用する。例えば「200MAより上に居るから~」とか、その程度。 「MAをクロスしたからエントリー(・∀・)!」とかやっちゃダメw あ、でも環境認識がしっかり出来ているならMAクロスでも問題ない。 ただ、それだけではダメ。 だってMAクロスのエントリーなんて、トレード始めたばかりの人が最初にやる手法でしょ? それで勝てたらみんな億万長者(・∀・)! つ~か、ローソク足って言う日本人が開発した素晴らしいインジケータが既にあるじゃないか! ぶっちゃけ、これに勝るインジケーターは見たことが無い。 MACDがダイバーシティ・・・じゃなくて、ダイバージェンスとかRSIやスキトキメキトキス(?)が貼り付いて買われ過ぎとかゴチャゴチャうるさい。舌を噛んじまう。タダでさえ複雑な値動きをインジケータを被せる事でもっと複雑にしている。 本来、複雑な値動きを見やすくするのが目的なのに、画面をゴチャゴチャにしたり難しい理論を充てようとしたり・・・ つまり、相場に「絶対」を求めている証拠なんだな、これらの行為って。 MACD?ダイバージェンス(。´д`) ? 要するに高値の更新幅が狭くなって来ている・・・高値更新した後の押しが深くなってきているってことだろ? ローソクみりゃ分かるじゃねぇか┐(´~`;)┌ インジに頼るってことは、要はローソクから流れを読み取れないってことだ。つまり修行が足りん。 ローソク足の凄いところはまだまだある。それは、パラメータが無いってとこだ。 5分、1時間、日、週って言うパラメータはあるが、それは他の全てのインジケータにとっても平等。 しかし、他のインジケータ、例えばMAなどはどうだ? 5分、1時間、日・・・などの各時間軸に加え、パラメータを5にするやつも居れば10にするヤツ、13, 20, 21, 25, 26, 75, 120, 200・・・更に単純移動平均だ~HLCCうな重平均だ~と、 キリがねぇ( ゚Д゚)!! これらを組み合わせたらそれこそ無限大だ。 見ているヤツがバラけちゃってるから根拠が薄いんだよ。 見てるヤツが少ないインジケータが機能すると思う?普通~に考えてみ? 20なんかは比較的メジャーな値かもしれないが、それもでローソクやバーチャートには敵わない。だって、トレードしている人の過半数が見ているわけだから・・・ そんな凄いインジを開発した日本が、なんでトレード後進国なんだろ。 変なグラフばっか見てないで、値動きそのものを見てみ!? そして、その背景にある参加者の心理を想像してみ!? 思考停止しないで考えてみ!? チャートは人間の欲と恐怖が作ってるって事忘れんといて!? 画面の向こうは機械じゃなくて生身の人間だから! 参加者の9割が負けてる! つまり値動きは完全なランダムでは無いってこと! FXの様な巨大な市場でも値動きを操作している人が居るってこと! 9割の人間はそいつらに心理を操作されているってこと! もしアンタが負けているとしたら、まんまとやられちゃってるわけ! じゃあ、自分がド素人を騙すとしたらどう言う値動きを作るか! これを考えながら後は経験を積むだけ! 何も考えずに経験を積んでも、「勝てないけど経験だけは長いトレーダー」になるだけ! トレードに経験の長さなんて不要だから!時間は有限。人生も有限。 死ぬ前日になってようやく勝てるようになっても意味ないから!
LINEで送る
Pocket