絶対億トレーダーに成れない人の特徴

慌てる乞食は貰いが少ない

世の中、下には下がいるものだ

過去に読んだ、とある本についてネットで調べていたところ、この本のレビューをしているページを見つけた。

この本はク*だ!30pipsどころか損切りばっかりだ!

と言うのだ。

詳しく事情を読み進めてみると、全8章のうち第1章だけ読んで、それをスキャルピングに応用し、「数回やって勝てないからもう読む気がしない」と言うのだ。

勝ったときは実力、負けたときは外部環境のせいにする、典型的な負け組み思考(・・;)


勝手に間違った使い方をして騒ぐ

この本で紹介されている手法は「寄り付きでインし、引け、または翌日の寄り付きで手仕舞う」と言ういわゆるデイトレスタイル。

そして、「適度な流動性とボラティリティが必要だ」と冒頭にも書いてある。

にも関わらずそれをスキャルピング、しかも「東京時間のドル円」でやって勝てないと文句言ってる。

そりゃ円は日本の通貨だからマザーマーケットが東京時間だって言う理屈は分かるけど基本がまるで出来てない。

そんな常識も知らずに、わざわざ難易度の高いスキャルやデイトレなんかやってる。

本もある程度難易度が高くなってくると、読み手を選ぶ。

どんな優れた手法でも、豚に真珠だ。


道具はヒトを選ぶ

本のレビューで、「トレード本の殆どがク〇だ」と言うコメントを見掛けるが、この例ように「実は読者が〇ソだった」と言うことが多い。

ダメな本が多いのは事実だけど、慣れるとダメな本には手を出さないようになる。

手法も同じ。極めてくると、見ただけでダメな手法かどうか分かるようになってくる

本は飽く迄もアイデアやアプローチの仕方を授けるだけ。