人類は衰退しました

LINEで送る
Pocket

日頃から「楽して儲ける」「楽して稼ぐ」・・・が口癖のぽじこですが、みなさま如何お過ごしでしょうか? 「楽して~」と言うと誤解を受けるかもしれませんが、「何もしない」のとは違います。 資産家の御曹司だったり、超イケメンで、黙っててもオンナが貢いでくれる・・・でも無い限り、何もせずにお金や良い仕事は転がり込んできません。 私はそう言うアドバンテージを持っていないので、少しでも楽して稼げるよう「工夫するのが好き」と言う意味です。 それには行動力が必要で、時にはリスクを取らなければなりません。ぽじこはそう言うところが他の人よりも有るんだなと、最近感じています。「最近」と言うのは、恐らく昔のぽじこも行動力が無かったと思うため。※どちらが良いとか悪いとか言う話ではありません。 当然、後で楽するためには一時的に他の人よりちょっと苦労する必要があります。しかしその「苦労」も工夫次第で、軽減することもできます。「苦労」を「やりがい」に変換したり、逆に「楽しいこと」にしてしまう等、その工夫は様々です。 なんか、自己啓発本みたいになってきましたが・・・(^^; ホンのちょっと工夫するだけで改善できることって、意外と多いんです。 しかしどう言うわけか、その「ホンのちょっとの工夫」をやらない人が多いですね。特別な能力を要しないのに、何故かやりたがらない。言い訳したり正当化したりして、そこから逃げようとする。正当化できたところで何のメリットも無いのに、みんな必死で屁理屈をこねる。 そして大して面白くない仕事をなんとなく続け、不機嫌な顔がデフォになり、いつもイライラして、週末だけが唯一の楽しみ・・・なんて言う生活を続ける。 「ホンのちょっとの工夫」より、そっちの方が「大変」だと思うのだが、何故かその状況を変えようとしない。 何故そうなのかちょっと考えた。 「これは、トレードで損切りできないのと同じではないか?」 キタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!! 結局ソレかよ!と思ったアナタ!常連さんですね!? 「ホンのちょっとの工夫」をするためには頭を使わなくてはならない。頭を使うことが苦手な人は結構いる。 脳も筋肉と一緒で、ふだん全く運動しない人が20kgの土嚢を担いで100mを全力疾走しなければならないとなったら躊躇するだろう。 出来る事ならやりたくない。やらずに済むならやりたくない。期限が無いなら先延ばしにしたい・・・ほら、快楽はスグ手に入れ、苦痛は先延ばしにするプロスペクトなんとか・・・損切り出来ない心理と同じだ(・∀・)! また、脳と言うのは場所によって使われ方が違うので、「頭を使う分野」を意識しなければならない。 例えば、毎日スマホでパズルゲームをしている人は、自分が「頭を使っている」と思っているだろう。確かに新しいゲームであれば最初はルールを覚えたりパターンを考えたりして頭を使う。が!慣れて来て反射的に出来るようになると、もう頭は使われなくなる。ただ「作業」をしているに過ぎない。 同じゲームばかりしている人は要注意。「新しいゲームは面倒くさい」となっていたら、「工夫できない頭」になっている可能性が高い。 また、パズルをする脳とクリエイティブな思考をする脳は分野が異なる。スマホパズルをいくらやっても、運動野ばかり鍛えられ、逆に前頭前野の働きは低下する。前頭前野は、クリエイティブな思考を担う脳の最高中枢なので、これは致命的。 「作業」を好み、「工夫」するのが苦手な人が増えてきているのは、こう言うカラクリだったのです。 文明が発達すると便利な道具がたくさん出てきます。人間は水と同じで低い方へ流れていきます。結果、民衆が脳を使わなくなり文明は衰退します。そして生活が苦しくなると、人々は生活を楽にすべく再び「工夫」し始めます。その繰り返しです。 日本はまさに衰退の渦中にあると思います。日本人が中国へ出稼ぎに行く時代もそう遠くは無いでしょう。 これ、論文にしようかな( ´艸`)
LINEで送る
Pocket