エントリー&エグジットだけがFXではない!これがプロの建て玉操作 優位性の真実を徹底解剖

建玉操作の真実

誰でも1度は考えること

FXを始めたばかりの頃、建て玉操作と言うのを試みたんだがメリットを感じなかった。

そもそもスキャルピングやデイトレ中心で、ポジションを長く持つ手法じゃないからもちろん(?)ピラミッディングとは無縁だ。

しかしデイトレにはデイトレなりの玉操作がある筈だ。

例えば2枚でエントリーし、1枚は当初リスクと同じ分だけ利が乗ったらエグジット。

そして残りの玉はひたすら利を伸ばす。

1枚は利益確定したので、残りがたとえ損切りになってもトータルでマイナスになることは無い

な~んてことをやっている人がきっといると思う。

素人が思いつきそうな手法だしねw


分解してみると真実が見える

私も考えたことがある。

しかし、バックテストするとどうやっても固定枚数でやった時よりパフォーマンスが落ちてしまう

この方法、心理的に残りの玉の早期利食いを避ける効果はあるみたいだが、ロボットのように冷徹な心を持つ私には何のメリットも無いようだ(デイトレに限って言えば)。

何故なら、この手法を分解してみると本来やろうとしているトレードに損益比1:1のトレードをマージしただけに過ぎない。

つまり、その追加した方の手法の期待値が1以上なければ、単に足を引っ張るだけなんだよね。


建玉操作はメンタル弱い人のための手法

両方損切りになることも普通にあるし、勝率は上がるかも知れないけど、損する時も2倍だ。

状況に応じて玉操作…って言っても、エントリータイミングに優位性が無ければ大数の法則で負けるわけなので、余計なことしないのが一番パフォーマンス上がる

シンプルイズベストってヤツですな。

何しろややこしいし管理工数も無駄に掛かるし、私に言わせれば

建て玉操作とはメンタルの弱い人間が何とかして損切り率を減らして心理的苦痛を感じないようにするモルヒネ

のようなものだ。

一時的には楽になるが、治癒はされないアレね。