続マーケットの魔術師

LINEで送る
Pocket

なんだこの、猿の惑星みたいなタイトルの付け方は・・・(ノω`) 本の紹介文にも書いてあったが、ファンドを動かしている人たちのインタビュー。 殆どのトレーダーがオプションを利用した裁定取引の話で、正直退屈な内容だった。 他人の資金を運用すると言うところから既に我々個人投資家とは異なる環境で、かつ単純に利益を出せばよいと言うわけではなく、顧客満足度、つまり安定した利益が最優先と言う縛られた条件を満たさなければならない。 何故なら、少しでもドローダウンすると資金が逃げてしまうからだ。 だからどうしても資金効率は悪いがリスクが極めて小さい裁定取引に行く着く。 まぁ、ファンドのように大きな資金を動かす場合はそれが基本だが・・・俺のような裁定取引に全く興味の無いトレーダーには・・・それでも何か参考になるところがあるだろうと一生懸命読んだが、興味が無いとやはり頭に入ってこない。 オプションや裁定取引の複雑な話より、トレーダーとしての考え方に焦点を当てて欲しかったな。 ファンドマネージャー向けの1冊。
LINEで送る
Pocket