相場環境は変化しているのに本質は普遍と言う矛盾 言ってる意味分かります?

LINEで送る
Pocket

自分でブログをやってみると、頻繁に更新している人を尊敬します。
いくら専業でやっていて時間があるとは言え、よくネタが尽きないと思います。
ですが、更新頻度の高い勝ち組投資家のブログも、基本的には同じことの繰り返しってのが多いです。
FXにしろ株にしろ。

たまに、評論家みたいに時事ネタを取り込んでいる方もいらっしゃいますが、結構大変だと思います。
そして、儲かっている人のブログの共通しているな~と感じるところは、彼らが好む話題は、目先の予想やニュース、自分がいくら儲かったとかの話ではなく、本質の話だと言う所です。

恐らく、自分が紆余曲折した末、とある境地に辿り着いたことを、多くの人に知って貰いたいのでしょう。

神の視点を手に入れたかのような。
更に、その本質も共通しているところが多いです。例えば
「相場の状況は刻々と変化しており、同じ戦略がずっと通用する世界ではない!」
としながらも、
「本質はいつの時代も一緒だ!」
と言う、一見すると矛盾していることを、本当の勝ち組の人達は言います。
つまり、戦略は違えど本質は同じだと。

一時的に億を稼いで、数年に一度起こる「100年に一度の○○ショックw」でその殆どを吹っ飛ばすような人は、本質がわかっていない場合が多いです。
これに気づくと、本当に儲かっているブログと、儲かったときだけやっているブログを見分けることができます。

自分も勝ち組になりたいのであれば、勝ち組の真似をすればいい。
勝ち組がやらないことはやらなければいい。
勝ち組がやることをやればいい。
簡単なことですよね。
最低限のことを厳守すれば、あとはどうだって良いってこともみんな言ってる。
なのに、その最低限のことをやらにゃい・・・何故だ・・・勝ちたくないのか?
値ごろ感で買って、思惑と外れてナンピンして、絶対損切りしない勝ち組カリスマトレーダーが、たまたま億を稼いで本を出しちゃったから?
でも、みんな退場しているってとこまでは知らないのか?
スペクトル拡散・・・じゃなくて、プロスペクト理論とか言う以前の問題だぎゃ。
LINEで送る
Pocket