科学的に正しい最強の脳トレで年収をアップさせ、人生をイージーモードにする成功者はみんなやってるテクニック 寿命が15年延びる

友達があなたの人生を楽にして年収もアップしてくれる

本当の悩み

幸福な人生を送る条件として「隣人との人間関係が大事」「付き合う人・友達が大事」って言うのは言われなくても分かると思います。

でも多くの人が悩んでいるのはそこじゃなくて、

「そもそもそう言う友達ってどうやって探せばいいのか?」

「新しい出会いの方法が分からない」

「友達の作り方が分からない」

ってことなんじゃないかと思います。


今いる友達はどうしたらいいのか?

また、友達との付き合い方が大事って言われても…

「そもそも友達いないんですけど」

とか、誰と付き合うかが大事って事は…

「まずは今いる友達と縁を切った方がいいですか?」

みたいに言ってくる人もいます。

実際、多くの人が「周りの影響を受けている」と言うことも分かっていますので、そう考えることは自然なこと。

「周りの人に苦しめられてる」あるいは「助けられている」と言う人がいるのは紛れもない事実ですし。


寿命が15年延びる

また「友達がどれぐらい多いか」「友達のネットワークが多いか少ないか」が幸福度や仕事のパフォーマンス、年収と相関性があるって言うのは昔から言われていますよね。

孤独な人が良質な人間関係を手に入れただけで寿命が15年延びたって言う研究があったり。

そうは言っても「友達が多くない」とか「作るのが苦手」って人は

「今から新しい人間関係作るのは面倒くさいな…」

って思いますよね。

それに「20代の頃は友達関係を増やして行った方が良いが、30過ぎてからは絞って行った方が幸せになる」なんて言う研究もあったりして、

「結局どれに従えばいいの?」 ってなる。


科学は中途半端に理解するのが最も危険

ちょっと脱線しますが科学って言うのは1字1句見逃さないぐらいのつもりで読まないと解釈を間違えるので気を付けてください。

例えば「孤独な人が良い人間関係を手に入れたら寿命が15年延びた」って話をしましたよね。

15年って言うのは「孤独な人」と「そうじゃない人」を比較したものです。

一般的な人が「もっといい人間関係を作ったら寿命が15年プラスされるのか?」って言ったらこれは違う話ですよね。

こうやってちゃんと説明してあげれば理解して貰えるんですが、印象的な部分(人間関係、15年)だけを拾って、

「人間関係を良くすれば寿命が15年延びるんですって!」

って誰かに話しちゃう人があまりにも多い。

前提や比較対象を気にせず結果だけを妄信しちゃう残念な人。

経験的にですが、恐らく全体の6割ぐらいはそんな感じで科学的な話を勘違いしてるんじゃないかと。

だから結果を出せない人が多い。


友達が少なくても十分幸せになれる

気を取り直して…

今回の話は「どう言う友達と付き合えば良いのか?」とか「どうやって付き合えばいいの?」って言うのとは一線を画したお話になります。

結論から言うと「(みなさんの)友達同士を繋げることによってあなたが幸せになれる」と言う研究です。

ちょっと面白いと思いません?

例えばみなさんの友達・知人にも種類がありますよね?

仕事で知り合った友達とか趣味で知り合った、学生時代の~、地元の~、オフ会で~etc

こう言う違う世界の友人・知人たちを繋ぐ人間になると幸福度が上がるってことが今回の研究で分かったんです。

人と人とを繋ぐ人間になると「仕事のパフォーマンスが上がって楽になり、更に年収も上がる」と言う結果が出たんですね。

つまり「誰と付き合うか」は置いておいて、現在付き合っている知人同士を繋ぐ人になれば様々な恩恵が得られますよって言う研究。

これから話していきますが、「知り合い同士を繋ぐ」と言う行為そのものにメリットがたくさんあります。

だから友達が少なくても問題ありません。友達がゼロって人でも知人や隣人ぐらいはいますでしょうし。

人と人とを繋げるだけで年収がアップする

ソーシャルブレインネットワーク

さて、今回の研究はソーシャルブレインネットワーク(SBN)と言うものを調べた研究になります。

SBNとは「脳内にある対人コミュニケーションで使われる部位」のこと指します。

人と話す・初対面の人と接する・友達とお茶する・人を思いやる…などの行為で使われる部位です。

その部位を調べた研究ってことです。

実験の参加者は65人の10代の男女。

全員のフェイスブックアカウントを監視し、参加者たちがどう言う風に繋がっているのか?を分析しました。

更に実験参加者がフェイスブックにコメントしたりメッセージを送受信したときの脳をスキャン。

また、今回の分析では「友達増えたかどうか?」だけでなく「友達とどう繋がっているか?」

更には「友達同士がどう繋がってるか?」まで調べました。


友人関係には2種類あった

そして実験結果を集約すると2つのグループに分けることが出来ました。

1つは「友達同士が繋がってるグループA

もう1つは「自分は友達と繋がっているが友達同士は繋がっていないグループB

グループAに関しては、仕事の友達、趣味の友達、高校の友達を例えばホームパーティーや飲み会で出会わせて友達の輪を数珠繋ぎにしていったグループ

反対にグループBは「仕事の繋がり」「趣味の繋がり」のようにキチッキチッと分けられた交友関係を持っていたグループ。

この2つに分かれました。

自分が友達と繋がってるかではなく、自分の友達同士がお互いを知ってるかってところまで調べたんですね。

その差が人生にどのような影響を与えているのかと。


インフォメーションブローカー

このように友達同士を繋げようとする人たちのことをこの論文では「インフォメーションブローカー」と命名しました。

ブローカーはFXやってる方なら分かりますよね。仲介屋です。

友達同士のインフォメーションを交換させる仲介屋ってこと。


これが最強の脳トレだった

人生の質を高めるには友達が大事って言うけど、「それって友達の数のこと?それとも付き合い方?」って言うのを調べようとしたのが今回の研究。

しかしインフォメーションブローカーがソーシャルブレインネットワークの領域が最も大きいと言う結果が得られました。

その理由ですが、友達同士を紹介し合ったり繋げるって言う行為そのものが結構な脳トレになっているため。

友達同士を繋げるときってコミュニケーションがたくさん生まれますよね。

気も使う(脳を使う)し共感能力も使うし…脳のリソースを結構使うよねと。

ソーシャルブレインネットワークが大きいことによるメリット

問題解決能力

ここからが本題。

普段から友達同士を繋げる、人を紹介するって言うのが好きな人はそうじゃない人と比べソーシャルブレインネットワーク(SBN)が大きいって言うのは分かったと思います。

そして「それが大きいと何がいいの?」って言うと、まずは問題解決能力が高くなると言うメリットが挙げられます。

より良い解決策を思い付くことが出来ると。

人生で大きな問題を抱えたり友達関係や仕事で問題を抱えても早い段階で良い解決策・アイデアが出ると。

SBNが大きくなると問題を簡単に解決出来る体質になるってこと。


悩み無用

多くの人が問題抱えて「どうしようどうしよう…」って悩んでるとき「あ、こうすればいいのか」ってすぐ解決策が思いついちゃう。

人生で悩んでいる時間が他の人より少ない。結果、幸せであると。

そして出世も早い。問題解決能力が高いんだから当たり前ですよね。

出世が早いって事は当然収入も高くなりやすいと。


評価されやすくなる

周囲の評価も高くなります。「あいつはいい奴だよね」とか。

関連して仕事のパフォーマンスに対する評価も高くなり易い。

上司とかが人事考課するとき「あいつは出来るヤツだ」と思われ易いって事。

投資家から見た時「あの経営者なら出資してもいいかな」って思われ易い。

SBNが広い人は良いことだらけですね。

これだけメリットがあるならやらない理由がない

友達の数だけ多くても無意味

実験では友達の数を調整しても結果に影響ないことが分かっています。

つまりSBNの大きさと友達の数には相関が見られなかったと言うことです。

友達が少なくてもそれを繋げている人のSBNは友達が大勢いる人より大きかったと。

ここから分かることは、変に友達増やすより今いる友達を繋げる事にフォーカスした方が幸せになれるってことですね。


異業種交流会のホストになろう

全然関係ない業界の人同士を紹介しようとする。

例えばスポーツ選手に投資家を紹介しようとすると投資の専門用語をスポーツ選手にも分かるよう説明しなくちゃならない。

逆にスポーツ選手の言ってることを「投資に置き換えると…」みたいにブリッジすることになります。

異業種を繋ぐ翻訳家と言うイメージ。

違う人に分かるよう同じ説明をしなくちゃならないから言語能力が高まるし相手の感情を察して喋るようになるので共感能力も非常に高まるんです。

様々な立場からの視点も持てるようになるしメタ認知的な視点も持てるので脳がメチャクチャ鍛えられるんですね。

違う世界に居る違う常識を持ってる人たちを繋げていくのですから共感能力が高まるのは至極当然。


人生イージーモードになるには

と言うことで、違うジャンルだったらバンバン紹介していった方が自分にとってプラスになるんですね。

紹介するのはビジネス関係だろうがそうじゃなかろうが関係ないと。

違うジャンルの人たちを紹介する行為そのものが脳トレになりメンタルにもいい効果があると。

「人脈が広がって楽しい!」

ってだけじゃなく、脳の共感能力が鍛えられ、SBNが鍛えられ、それによって問題解決能力が高まる。高まるから…

人生イージーモードになって収入も上がる

と。

ある程度の友達が出来たら増やすことより繋げることにシフトした方が幸せになれるって事ですね。

隣人や友達からメリット得たいなら隣人同士を繋げる、友達同士を繋げるとgood。


自慢される人になろう

ちなみに「あの人知ってる」は人脈じゃありません。

「あの人に知られてる」が人脈。

そうなるためには自分が魅力的になって、「自慢したい人間」になるのが近道。

知り合いや友達を自慢してばかりいる人はただの小物

その相手があなたのことを何とも思ってなければそれは片思いですから(笑)