流行の手法を使ってさっさと億稼いで人生勝ち逃げしちゃえばいいのに

タイを釣るためのエビをケチるヤツ

貧乏な家庭で育った子供の将来は貧乏


親の年収と学歴の話がしょっちゅう話題になっているように、それらが比例関係にあることは間違いない。

何故か?

親の学歴に対する意識の違いと、教育に掛けられる金額が異なるから。

カネを掛ければいいってもんじゃないが、カネのないヤツはそもそも選択肢が少ない。

「これはいい!」と言うのがあってもカネのないヤツは諦めるしかないが、あるヤツはすぐに始められる。

企業もそうだ。
新しいビジネスを始めようと言うときは資金量がモノを言う。

トップ企業ともなると、業界そのものを支配することだって出来る。

例えば「なんとかホールディングス」とか言うでかい外食チェーンが、メチャクチャうまいスペシャリティコーヒーを無料にしたとする。

お茶が無料なんだからコーヒーが無料になってもおかしくない。

それに、そのレストランは他にもメニューがたくさんあるからコーヒーでの赤字は他の注文で相殺できる。

スタバやドトール、タリーズはどうなる?

隣の店に行けば無料で高品質のコーヒーが飲めるのに、わざわざ500円も払うか?

500円のピザを頼めばコーヒーが無料でついて来ると言うのに。

こんな感じで、資本力のある企業は業界ごと潰すことだって出来る。

資本力のあるヤツが偉いから資本主義って言う


それは年収と学歴のような家庭や個人でも同じことが言える。

貧乏人がなかなか出世できない理由がそこ。

カネが無いから自分に投資すると言っても、せいぜい本を読むぐらい。
高額なセミナーなんかとんでもない。

数万円程度の教材を買うのにも半月ぐらい悩む(笑)

リスクが取れない。決断力もない。行動が遅い。常にまごまごしてる。

貧乏人でも本を読むやつはまだマシだ。成功できる可能性はある。

しかし殆どの負け組は生活するのに精いっぱいだから、自分に投資しようなんて発想すら浮かばない。

結局、カネのないヤツはグーグルで無料のクソ手法を探して永遠に彷徨うしかない(笑)

勝てる手法が無料で転がっていると本気で信じているところがヤバイ。
それって、その辺にカネが落ちてないかな~?って探してるのと同じだよ。
本当、カネのないヤツってのは気の毒。
あるのに使う勇気のないヤツはもっと気の毒。
猫に小判。

人間はカネがなさ過ぎると現実逃避する


その結果あたまがおかしくなって、億を稼げる手法を無料で教えてくれる神様を探し続けると…

こりゃ、FXなんかやるより先に心療内科へ行くべきだわ(笑)

神様で思いついたんだが、「手法無料教」とか言う宗教法人を作ったら信者が集まっていいビジネスが出来そうだな(笑)

思考停止の負け組ばかりだから、いくらでもお布施を集められる…と思ったけど、カネのないヤツがいくら集まってもダメだ(^^ゞ

いや~、それにしても世の中って理不尽だよな。

でもそれが資本主義だからしょうがない。資本のあるヤツが有利な構造になってる。

文句言ってもしょうがない。そんな暇があったら自分ですげぇ手法を10年ぐらいかけて開発するしかない。

カネのあるヤツはその10年を買うことが出来る。

ただそれだけ。

これから億を稼ごうとしてるクセに、目先の数万円をケチって悩んでるヤツ。

どんだけ器がちっちぇえんだよ(・・;)